最終更新日:

小さな島の勇者たち

出発時

モガマル
モガ! スラッピ見ろ! スラッピに似た 黄金のやつがいる!
スラッピ
ピピーッ!
ゴメちゃん
ピピ~ッ!
モガマル
本当に そっくりだぞ!
スラッピ
ピピッ?
ゴメちゃん
ピピピピ!
スラッピ
ピピピピーッ!
ゴメちゃん
ピピ~!ピピ~!
モガマル
話が弾んでるようだけど 何を しゃべってるんだ?
スラッピ
ピピ ピピピピピ!
モガマル
へー そうか! こいつは ゴメちゃん っていうのか!
ゴメちゃん
ピ~!
モガマル
それで?
スラッピ
ピピピピ! ピピピ!
モガマル
え? ブルリア星ではない別の星に 邪悪が迫っている?別の星ってことは…… 異世界てことか?
ゴメちゃん
ピピピ~ピ!
モガマル
助けを求めるため この世界に やってきたって!?
ゴメちゃん
ピピピッピピ~!
モガマル
ゴメちゃんに 触れると 今すぐ 異世界に行けるって?ホントか!モガー! ○○たち どうする? 異世界へ行くか?だよね! 行くよな!別の星の危機も 救うのが 冒険王の血を引く者 だもんな!よーし ゴメちゃん! おいらたちを 異世界へ連れてってくれ!
ゴメちゃん
ピピッピピ~!
モガマル
ついたー! ここが別の星…… 異世界なんだなー!
ポップ
ゴ ゴメ……! こんなところにいたのか!
モガマル
おまえは誰だ! この星の 邪悪なやつか!
ポップ
ち ちげーよ! おれは ポップ!世界一の 魔法使いになるため アバン先生のもとで 修行中……。だったけど……。……アバン先生が…… アバン先生が……ううう。
モガマル
泣いてちゃ わからないぞ! 説明してくれ!
ポップ
ここデルムリン島で おれたちは 先生から修行を受けていた……。そしたら突然 あらわれたんだ! 魔王ハドラーが!
モガマル
魔王ハドラー!?
ポップ
アバン先生は 戦った……! でも でも……。
モガマル
でも?
ポップ
わからない! どうだったか わからないんだ!
モガマル
あそこに もう一人いるぞ!
ポップ
あれは ダイだ! おれと同じで アバン先生の弟子だ!アバン先生のもとで 勇者になるため 修行をしていたんだ!
モガマル
勇者になるためだって!?
ゴメちゃん
ピピ~!
ダイ
ゴメちゃん! どこに行ってたんだよ!?え? 強い人たちを 連れてきたって?
モガマル
おいらはモガマル! こいつはスラッピ!
スラッピ
ピーッ!
ダイ
わ! ゴメちゃんと そっくり!
モガマル
そして こいつらはブルリア星の 冒険王の血を引く○○たちだ!
ダイ
本当に!? それは心強いな!今 アバン先生が ひとりで ハドラーと戦っているんだ!それに ハドラーのせいで 島の魔物たちが 暴れ出した!おれたちも 戦おう!
ポップ
待てよ ダイ! それ 本気で言ってるのか?相手は 魔王ハドラーだぞ!? アバン先生の 足を引っ張るだけだ!
モガマル
そしたら ポップ ここで ひとりで 待っていたらいいぞ。
ポップ
え?
モガマル
ひとりでいる所を 魔物に襲われても 知らないからな!
ポップ
くっ……。 つ ついてく! ついてってやる!
モガマル
よーし そうと決まれば ダイ! この先を 案内してくれ!
ダイ
わかった! アバン先生とハドラーが 戦っている場所へ 行くぞ!

クリア時

モガマル
モガー! 魔物を たおしたぞ!
スラッピ
ピー!
ダイ
アバン先生! アバン先生ーっ!
ポップ
アバン先生と ハドラーが ……いない……。
ハドラー
くくく……。
ポップ
ハ ハドラー!?
モガマル
あいつが ハドラーか!
スラッピ
ピー!
ダイ
ハドラー! アバン先生はどこだ! アバン先生を出せ!
ハドラー
……くくく。 アバンは死んだ……。
ダイ
えっ……。
ポップ
なんだって!?
モガマル
アバンって人は 強いんだろ? なのに やられたのか……?
ハドラー
オレ様は ある お方の力で 強じんな 肉体を 与えられた。
モガマル
ある お方?
ハドラー
大魔王……バーン!!
モガマル
大魔王だってー!?
ハドラー
今の オレは 魔王ではない。 バーン様に忠誠を誓った身。
ハドラー
今のオレは バーン様の全軍を束ねる 総司令官……魔軍司令ハドラーだ!
ダイ
魔王より強い 大魔王がいるのか!
ポップ
だ だめだぁ~っ! もう この世の終わりだぁ~っ!!
ハドラー
アバンが 絶望したかは 知らぬ。 だがヤツは……。
ハドラー
このオレに勝てぬと 思ったのだろう 自己犠牲呪文を使ったのだ……。
ポップ
自己犠牲呪文……メガンテ!? 先生は 生命とひきかえに……!?
モガマル
でも まだハドラーは生きているぞ!
ハドラー
あやつのメガンテは オレ様を倒すには 不十分だった。
ハドラー
アバンは 犬死にしたんだよ……。 ハーッハッハッハ!
ダイ
く くそ……!
ダイ
くそおおおおおお!
モガマル
モガー! ダイの額に 竜の形をした紋章が 光っているぞ!
ハドラー
……まさか ありえん……!!
ダイ
……。
ハドラー
バカな……! 貴様は……もしや……!
ポップ
ダイ……! どうしたんだよ ダイ!
ハドラー
……こうなったら…… 仕方あるまい……。
ハドラー
小僧……貴様とは いずれ また会うだろう。
ハドラー
忘れんぞ……貴様の名は……。
ハドラー
ダイ!!!
モガマル
逃げるな! ハドラー! どこだ! どこへ行った!?
モガマル
モガー! 逃げられたぞ! キメラの翼を使うのが 見えた!
ダイ
そうか……。
ポップ
うう……うううう……。 先生……先生ぇっ……!
ダイ
……。
ポップ
もっと教えてもらうことが たくさんあったのに……。
ポップ
命がけの メガンテも 意味なかったなんて……。
ポップ
うう……うううわあああ!
ダイ
……泣くなよ ポップ……。 おれまで なきたくなるだろ……。
モガマル
二人は 本当にアバン先生を 心から尊敬していたんだな。
ガイアス
○○たちよ。
モガマル
ジジイ!
ガイアス
話は 聞いていた。 この星にも 邪悪な魔が 迫っている。
ガイアス
魔軍司令ハドラーに 魔王軍。 そして 大魔王バーン。
ガイアス
今後は ゴメちゃんを つうじて ブルリア星と この星を行き来し……。
ガイアス
この星を 魔王軍の手から 救るのだ
モガマル
言われなくても そのつもりだ! な! ○○たち?
モガマル
ゴメちゃんも よろしくな!
ゴメちゃん
ピ~!
スラッピ
ピー!
ガイアス
それでいい。
ダイ
え? おれたちに ついてきてくれる? それ本当!?
ダイ
○○たちが いたら すごく 心強いよ!
ダイ
な? ポップ!
ポップ
足手まといになるなよ
モガマル
それは こっちのセリフだ!
ダイ
真の勇者になるため…… 魔王軍を倒すため……。
ダイ
そして…… アバン先生のかたきを取るため……。
ダイ
出発だ!
モガマル
モガー!

吼える獣王への抗戦

出発時

マァム
あなたたち どこへ行くつもりなの?
モガマル
モガ! かわいこちゃんがいるぞ!
ポップ
気をつけろ! 魔王軍の手先かもしれない!
モガマル
モガ!?
マァム
魔王軍の手先? やめてよ!
マァム
私は マァム。 近くの村に住む者よ。
マァム
この先の ロモス城は 今 魔王軍の百獣魔団に 襲われてるわ。
ダイ
百獣魔団だって……!?
モガマル
それは やっつけなきゃだぞ!
スラッピ
ピーッ!
マァム
百獣魔団の軍団長 獣王クロコダインは かなりの強敵。
マァム
あなたたちが行っても無駄よ。
ポップ
この女! 生意気だな! おれたちを 誰だと思ってる!?
ポップ
おれたちは かのアバン先生の弟子 ポップとダイだぞ!
マァム
アバン先生!?
ダイ
ああっ! ポップ見て! マァムの首にある飾りを!
ポップ
あああああっ!
ポップ
これはアバンのしるし! じゃあ おまえも……!!
マァム
そうよ。アバン先生の教え子よ。 もしかして あなたたちも……?
ダイ
ああ! 真の勇者になって 魔王軍を やっつけるんだ!
マァム
それなら 百獣魔団と クロコダインを やっつけてみせて。
マァム
そうしたら信用するわ。
ダイ
のぞむところだ! ○○たちも 行くよな!?
ダイ
ありがとう!
モガマル
さすが ○○たちだ!
ダイ
それじゃ ロモス城へ行こう! 百獣魔団から ロモスを救うんだ!

クリア時

ポップ
やった……!
モガマル
百獣魔団と クロコダインを やっつけたぞ!
ダイ
はあはあはあ……。
マァム
ダイ 大丈夫?
ダイ
うん……。
クロコダイン
……フ……フフフッ……。
モガマル
まだ しゃべるぞ! クロコダイン……すごい精神力だ!
マァム
みんな 気をつけて!
ダイ
いや もう クロコダインに 戦う体力は 残ってないはずだ……。
クロコダイン
正々堂々 戦い 負けた……。
クロコダイン
しかし おまえたちのような相手に 敗れたのであれば……。
クロコダイン
まったく 悔いはない。
クロコダイン
むしろ 誇るべきことだ……。
ダイ
……クロコダイン……。
クロコダイン
……さらばだ。
クロコダイン
……負けるなよ……。 ……勇者は つねに強くあれ……!
モガマル
あああああ!クロコダインが塔の上から!
ポップ
飛び降りた!
ダイ
……。
ガイアス
見たか ○○たちよ。 あれこそが 武人というもの。
モガマル
武人?
ガイアス
この星の 魔物たちは ブルリア星とは ちと違うらしい。
ガイアス
魔物とはいえ 武人…… 戦う者としての プライドがある。
ガイアス
この先の 魔王軍との戦いも 楽しみなったな!
ガイアス
ダイたちとともに 突き進め! 冒険王の血を引く孫たちよ!
モガマル
ジジイに言われなくても そのつもりだよね!?
ダイ
ロモスが 魔王軍に 襲われたということは……。
ダイ
パプニカも 危ないかもしれない。
モガマル
パプニカというのは?
ダイ
おれの友だちのレオナが 王女をやっている国なんだ。
ポップ
ダイって 田舎の島で育ったのに お姫さまと 友だちなのか?
モガマル
うらやましいな! な? な? ○○たち うらやましいよな?
マァム
魔王軍から 世界を救うのが勇者なら みんなでパプニカに行くしかないわね!
ポップ
マァム! おれたちを 信用してくれるのか?
マァム
当然よ。あなたたちがいれば ひょっとしたら 本当に魔王軍を……。
マァム
同じアバンの弟子として 私も一緒に ついていく!
ポップ
そうこなくっちゃな!
マァム
さあ パプニカへ!
ポップ
よーし 急ぐぞ! 待ってろ お姫さま!
ゴメちゃん
ピ~!
スラッピ
ピ~!
モガマル
モガー!

悲壮な勇者の愛弟子

出発時

モガマル
パプニカに 到着したー! ……けど……これは……。
ダイ
あ……あ……。
マァム
城も町も ボロボロね……。
ポップ
……ひでえや こりゃ……。 みんな やられちゃったんだ……。
ダイ
レオナ―っ!
ポップ
ダイにゃ 悪いけど…… 生き残りは いねえだろうな……。
モガマル
モガ!? 見ろ! あそこに人がいるぞ!
ダイ
ホントだ! あのー! すいません!
ヒュンケル
……。
ダイ
この国の姫 レオナを 見ませんでしたか!?
ヒュンケル
……おまえたち…… アバンの使徒か……?
マァム
どうして わかるの……?
ヒュンケル
……見ろ。
ポップ
おわっ! この人も アバンのしるしを 持っているぞ!
ヒュンケル
オレは アバンの 一番弟子だ。
ダイ
一番弟子!?
マァム
あなたに 会えたのが 不幸中の幸いだったわ。
ダイ
お願いします! おれたちと一緒に 魔王軍と 戦ってください!
ヒュンケル
フ……フフフフ……。 ハーッハッハッハッハ
マァム
な……なにが おかしいの?
ヒュンケル
おまえたちの 頭の中が あまりに おめでたいんで 笑ったのさ……!!
ポップ
な なんだとッ!?
ヒュンケル
アバンの弟子すべてが 師を尊敬し 正義を愛する者ではない!
ヒュンケル
中には 暴力を愛し その身を 魔道に染めた者もいる!
ヒュンケル
正義の非力さに 失望してな……!!
ヒュンケル
オレの名は ヒュンケル!
ヒュンケル
魔王軍 六団長の一人 不死騎団長 ヒュンケルだ!!!!
ポップ
魔王軍!?
ダイ
不死騎団長……!?
マァム
もしかして パプニカを 襲ったのは……。
ヒュンケル
オレが率いる 不死騎団だ。
ヒュンケル
パプニカを ほろぼすのは たやすいことだった。
ダイ
そんな……アバン先生の弟子が……。
マァム
先生は 魔王軍にやられてのよ! それでも魔王軍に味方するの!?
ヒュンケル
ああ 知っているとも ハドラーに やられたそうだな。
ヒュンケル
まったく 口惜しい……アバンは オレの手で 地獄へ 送ってやったのに
マァム
なぜ そんなに先生を憎むの……?
ヒュンケル
オレの父のかたき だからだっ!!!
モガマル
父のかたき……!!?
ヒュンケル
オレは 人間の子供として生まれたが 戦乱の中 親に見捨てられた。
ヒュンケル
赤子のオレを 拾ったのは 旧魔王軍の地獄の騎士 バルトス
ヒュンケル
そして オレは バルトスにより 地底魔城にて 育てられた。
ヒュンケル
しかし アバンと その仲間たちが 地底魔城に攻めてきた。
モガマル
アバンが?
マァム
アバン先生は かつて勇者として 世界を 魔の手から 救ったのよ。
マァム
それから 新しい勇者たちを 育てるようになったの。
ヒュンケル
何が 新しい勇者だ……! 何が 正義だ!
ヒュンケル
アバンは わが父 バルトスの 命を奪ったのだ……!
ヒュンケル
父の 最期の言葉は 今でも 覚えている……。
ヒュンケル
『ヒュンケル……思い出を…… ……ありがとう……。』
ヒュンケル
その直後 アバンが オレの目の前に 現れた。
ヒュンケル
アバンは 人間のオレを見て 自分についてくるよう 言った。
ヒュンケル
その時 オレは誓った。 必ず力をつけ この男を討とうと!
ヒュンケル
それゆえアバンに師事し 剣を習った。 その剣で ヤツ自身を 倒すために!
マァム
あなたの気持ちは わかるわ……。 でも……でも先生は……。
ヒュンケル
正義のために 戦ったとでも 言いたいのか?
ヒュンケル
たとえ 正義のため だろうと……。
ヒュンケル
父の命を 奪ったことに 変わりはない……!
ヒュンケル
それを正義と 呼ぶなら 正義そのものが オレの敵だっ!!
ヒュンケル
アバンの代わりは 弟子である おまえたちだ!
ヒュンケル
アバンに教わりし この剣で おまえたちを 仕留めてやろう!
ヒュンケル
地底魔城で待っている!
ヒュンケル
貴様ら アバンの使徒どもの 死に場所として ふさわしい場所でな!
モガマル
モガー! ヒュンケルが 行ってしまった!
ダイ
○○たち…… 一緒に行ってくれるか?
ダイ
当然だって? ありがとう……!
ダイ
さあ 行こう! 地底魔城で待つ ヒュンケルのもとへ!

クリア時

ヒュンケル
……ぐっ……あっ……!
ポップ
勝った! 勝ったぞー!
モガマル
さすが 冒険王の孫たちと アバンの使徒たちだ!
ダイ
ヒュンケル! とどめだ!
モガマル
ダイの オーラが すごい……! 額に 紋章が出た時 みたいだ!
マァム
もう やめて!
ダイ
……?
マァム
決着はついたわ。
マァム
アバンの使徒同士で 傷つけあうのは もう やめて……!
ダイ
……。
モガマル
ダイから オーラが 消えたぞ
ダイ
あれ……おれは…… いつの間に ヒュンケルを……?
モガマル
モガ? 戦っている間の記憶がないのか?
ダイ
……。
マァム
ヒュンケル 聞いて。 ここに来る途中で 見つけたの。
ポップ
それは 魂の貝殻か!
モガマル
モガ? 魂の貝殻って 何だ?
ポップ
死にゆく者の 魂の声を封じこめると 言われてるんだ。
マァム
ここに あなたの お父さん バルトスの 遺言がある。
ヒュンケル
と……父さんの……!!?
マァム
聞いてみて。
ヒュンケル
……。
バルトス
……ヒュンケル…… ……我が最愛の息子よ……。
ヒュンケル
バルトス
勇者たちが 地底魔城に攻めて来た日 地獄門を守るワシは アバンと戦った。
バルトス
アバンは強かった…… ワシは 死を覚悟した……。
バルトス
しかし アバンは ワシに とどめを刺さなかった。
ヒュンケル
なっ……!
バルトス
お前に作ってもらい 身に着けていた 星の飾り物を見た アバンは……。
バルトス
ワシに子供がいると 見抜き とどめを刺さなかったのだ。
バルトス
だから ワシは言った。 そんな アバンどのを見込んで……。
バルトス
息子を……ヒュンケルを…… アバンどのに託したいと。
バルトス
人間である お前に 魔物だけでなく……。
バルトス
本当の人間のぬくもりを 知ってほしくて……。
ヒュンケル
……そんな……。
バルトス
アバンどのは こころよく 承知してくださった……。
バルトス
それから アバンどのは 地底魔城の奥へと向かった。
バルトス
ややあって ハドラーさまが ワシの前に 現れた。
バルトス
門番として 勇者と仲間たちを 通過させた責任を問われ……。
バルトス
ワシは 命を奪われた……。
ヒュンケル
……まさか……! 父は ハドラーの手によって……。
バルトス
ヒュンケルよ……最愛なる 我が息子 ヒュンケルよ……。
バルトス
思い出を ありがとう……。
バルトス
星の飾りは 何度 死んでも 私の……一生の……宝物だ……。
ヒュンケル
……ううう……ううわああ!
マァム
ヒュンケル……。
ポップ
すべて 誤解だったんだな……。
ダイ
ヒュンケル……。
ダイ
アバンの使徒なら このまま 死んだり しないだろ?
ヒュンケル
……オレの……オレの負けだ
ダイ
……。
フレイザード
クックックックックッ。 ざまあねえな ヒュンケル!
ヒュンケル
き……貴様は…… 氷炎将軍 フレイザード!
モガマル
氷炎将軍 フレイザード!?
ヒュンケル
魔王軍 六団長の一人 氷炎魔団長だ……!
ヒュンケル
フレイザード…… なぜ 貴様が ここに……!?
フレイザード
決まってんじゃねえか! てめえの息の根を 止めてやるのさ!
ヒュンケル
なんだとっ!?
フレイザード
生き恥を さらさずに すむように……。
フレイザード
アバンの使徒同士 相討ちってことに しといてやるよ!
フレイザード
泣いて 感謝しろいッ!
モガマル
モガ! 何をしたんだ!?
フレイザード
ここらの 死火山に 活を入れて やったのさ!
フレイザード
もうじき このあたりは マグマの大洪水になるぜ!
ポップ
ええっ!?
フレイザード
ここらで おさらばするぜ。 溶岩の海水浴を 楽しみな!
ヒュンケル
……おのれ……フレイザード!
モガマル
モガガガガ! 地面が 揺れる! 周りが マグマだらけだぞ!
ダイ
だめだ……! 逃げられない!
ポップ
くそ……おれたちも ここまでか!?
マァム
きゃあああ!
ダイ
どうすればいいんだ……!
ヒュンケル
おまえたち! そこにある 闘技場のがれきに 乗れ! 早く!
ポップ
え? 闘技場のがれきに 乗れって? こ こうか? これでいいのか?
ヒュンケル
ああ それでいい……。
ヒュンケル
うぐぐぐぐぐ……。 うおおおおおお!
モガマル
モガ! モガモガモガ!
モガマル
ヒュンケルが おいらたちの乗った がれきを 持ち上げている!
マァム
でも体半分が マグマの中よ! ヒュンケル やめて……!
ポップ
自分が犠牲になっても おれたちを 救おうと……。
ヒュンケル
こんな所で おまえたちを 死なせるわけには いかん……!
マァム
ヒュンケル!
ダイ
ヒュンケル!
ヒュンケル
ありがとう きょうだい弟子たちよ。 最後の最後で 目が覚めた……。
ヒュンケル
できるなら 力になってやりたかったが オレは もう ここまでのようだ……。
ヒュンケル
モガ―! ヒュンケルが岩ごと おいらたちを投げたー!
モガマル
なんて 怪力だー!
マァム
ヒュンケルー!
ダイ
ヒュンケル!
ポップ
ヒュンケル……。
モガマル
ヒュンケルが マグマの中に 消えていく……あああ……。
モガマル
おいらたちを 救ってくれたんだ。
マァム
ヒュンケルーーーーッ!
ダイ
……。
ポップ
……。
マァム
うう……ううう……。
ダイ
……行こう マァム。 ヒュンケルの分も 生きよう。
ダイ
そして 魔王軍と 戦おう。
マァム
わかってる……わかってる!
モガマル
フレイザード……許さないぞ!
スラッピ
ピーッ!
モガマル
魔王軍とはいえ ヒュンケルは 仲間だったはずなのに……!
ポップ
アバン先生だけじゃねえぜ!
ポップ
これからは ヒュンケルのかたきも 取らなきゃいけねえ!
ダイ
ポップの言うとおり!
ポップ
さあ 行こう! 残る魔王軍の団長は あと四人だ!
モガマル
モガー! 待ってろ 魔王軍!
スラッピ
ピー!
ゴメちゃん
ピ~!

霧に隠れし面妖な影

出発時

ミストバーン
……止まれ…… ……貴様たち……。
モガマル
モガ! あやしすぎるヤツがいるぞ!
ミストバーン
……アバンの使徒とは…… ……貴様たちのことだな……。
ミストバーン
……我が名は…… ……魔影参謀ミストバーン……。
ミストバーン
……魔王軍 魔影軍団長……。
ポップ
六団長のひとりか!
ミストバーン
……フレイザードが…… ……仕留めそこねた というのは……。
ミストバーン
……本当だったようだな……。
ダイ
フレイザードは どこだ!?
ミストバーン
……あやつは 今……。
ミストバーン
……パプニカの王女 レオナを……。 ……氷づけに している……。
ダイ
レオナが氷づけ……? くそ……先を急ごう!
ミストバーン
……行かせぬ……。
ダイ
邪魔だ! そこを どけ! おれは レオナを助けるんだ!
ミストバーン
……その前に……ダイよ…… ……貴様の力を 試させよ……。
ダイ
のぞむところだ! ○○たち 行くぞ!
モガマル
モガー! いけー!

クリア時

ミストバーン
……ほう…… ……さすがの強さだ……。
ポップ
こいつ! 倒したのに……!
ダイ
ミストバーン……! おれは 負けないぞ……!
ダイ
うおおおおおお!
モガマル
ダイから また すごいオーラが! 額に 紋章が 光ってる!
ポップ
ダイ 落ち着け! 戦いは 終わったんだ!
マァム
そうよ! ダイ 見て! ミストバーンは 戦う気がないみたい!
ダイ
……え? ……ああ……。
モガマル
ダイの額の紋章から 光が消えたぞ……!
ポップ
ダイ……また 無意識で 戦っていたのか……。
ミストバーン
……ダイ……と言ったな…… ……さすがは……竜の騎士……。
モガマル
竜の騎士?
モガマル
もしかして ダイの額で光る紋章が 竜だから……竜の騎士?
ミストバーン
……竜の騎士は……人間ではない……。 ……人間が 恐るべき 存在……。
ミストバーン
……いずれ その運命に…… ……苦しむだろう……。
ミストバーン
……それまでの 別れだ……。
モガマル
モガ! モガガガガ! ミストバーンが 消えた……!?
ダイ
おれが 竜の騎士……? 人間じゃないって……?
ポップ
なに言ってるんだ! ダイは 人間だ!
ダイ
ありがとう ポップ…… でも……。
マァム
それより 先を急ぎましょう! パプニカの姫が ピンチなんでしょ?
ダイ
そうだ! レオナを助けなきゃ! ○○たち 急ごう!
モガマル
モガー!
スラッピ
ピー!
ゴメちゃん
ピ~!

氷炎の舞い散る戦い

出発時

ダイ
レオナ! レオナ!
モガマル
モガー! あそこで 氷づけに されているのが……。
ポップ
レオナ姫か!?
ダイ
今 助けてやるからな!
マァム
ダメよ 氷が分厚すぎて どうにもできない!
ダイ
どうどうすりゃいいんだ!
フレイザード
テメエ 生きてやがったのか。
モガマル
出た! フレイザードだ!
ダイ
レオナを 元どおりにしろ!
フレイザード
クハハハハハ! 人間はバカだな!
フレイザード
元に戻せと 言われて 素直に戻すと 思ったか?
ダイ
なら……おまえを倒す!
ダイ
ヒュンケルのかたきも うたせてもらうぞ!
フレイザード
ひねり殺してやるわあああ!
モガマル
モガー! 氷炎魔団がきたぞ! ○○たち 気をつけろー!

クリア時

フレイザード
うぎゃあああああ……!
モガマル
モガー! フレイザードをやっつけたぞ!
ダイ
うおおおおおおお!
ポップ
ダイ 落ち着け! もう 戦いは終わったんだ!
ダイ
……。
フレイザード
……まさか その紋章は…… 竜の騎士の……ぐふっ。
モガマル
また ダイが 竜の騎士って 言われたな……。
ダイ
……。
マァム
ダイ……大丈夫?
ダイ
……レオナ……レオナは?
ポップ
おわっ! 見ろ! レオナ姫の 周りの氷が 溶けていく!
ダイ
レオナ!
レオナ
……ダ……ダイくん……?
ダイ
生きてる……レオナが生きてるよ!
レオナ
……なにが どうなってるの……?
○○たちと ダイたちは これまでの いきさつを 話した。
レオナ
そうだったの…… 助けてくれて ありがとう ダイ君。
ダイ
でも おれ……不安なんだ……。
レオナ
不安?
ダイ
戦っているとき…… この額に 竜の紋章が出ると……。
ダイ
記憶が あまり なくて……。
ダイ
ポップもマァムも ○○たちも おれが……こわい?
マァム
な なに言ってるの?
ダイ
みんな おれを こわがっている 気がするんだ……。
マァム
そんなことない! たしかに強すぎて おどろくけど……。
ポップ
人間じゃない って言われたこと そんなに 気にしているのか?
ダイ
……うん……。
モガマル
モガー! おいらだって 人間じゃないぞ!
ガイアス
モガマルよ そういう問題じゃないのだ。
モガマル
ジジイ!
ガイアス
かつて ブルリア星の 古文書で 読んだことがある。
ガイアス
別の星の伝説に のこる 竜の騎士 という言葉を……。
モガマル
それ 本当か!?
ガイアス
竜の紋章を 額に抱く者…… ……それが竜の騎士……。
モガマル
ダイのことだ!
ガイアス
竜の騎士は 人間ではない。
モガマル
やっぱり そうなのか……。
ガイアス
あの古文書に 書かれていたことが この星の 伝説だったとはな。
ダイ
……自分が今まで 何者かなんて 考えてもこなかった……。
ダイ
人間じゃない なんて……。
ポップ
……ダイ……。
ダイ
おれ……ポップや レオナや マァムに 嫌われたくない……。
ポップ
バカヤロウ! くだらねえこと 気にしやがって!
ポップ
おれと おまえは 友だちじゃねえか! 仲間じゃねえか!
ダイ
……ポップ……。
レオナ
……竜の紋章……。それなら あたしも 聞いたことがある。
レオナ
テランという 小さな国に 竜の伝説が 残っている。
レオナ
そこに行けば ダイ君のこと なにか わかるかもしれないわ。
ダイ
……ポップ マァム…… それに○○たち。
ダイ
おれと 一緒にいってくれるか?
ポップ
当然だろう!
ダイ
ありがとう! でも もし おれに何かあったら……。
ダイ
そのときは……。
モガマル
不吉なこと 言うなよ! ダイは 大丈夫だぞ!
ダイ
よし……そうと決まれば…… レオナ 行ってくる!
ダイ
竜の騎士とか 自分のこととか ちゃんと分かって 帰ってくる!
レオナ
あたしも パプニカに戻って 国を建て直さないといけない。
レオナ
お互いに がんばりましょう!
マァム
待って! ……ごめんなさい 私は 行かないことにする。
ポップ
おれたちと 別れる? なんでだよ マァム!?
マァム
私 みんなと戦ってきて 気づいたの。 もっと……もっと 強くなりたい。
ポップ
もっと強く……!? マァムは 今のままでも……。
マァム
ちがう自分だと 思えるぐらいに もっと 強くなりたいの。
マァム
もっと 強くなって これまで以上に みんなの 力になりたい。
マァム
だから 故郷のロモスに 帰って 修行しようと 思うんだ。
マァム
自分だけの 特技を 身につける。 みんなの成長に 負けたくないの。
ダイ
……そういうことなら 仕方ないか……。
ポップ
……がんばれよ マァム……。 おれたち 待ってるからな……。
マァム
みんなも死なないでよ。おねがい 強くなって また 会いましょう!
モガマル
よーし それじゃ おいらたちは テランに向かって 出発だー!
モガマル
と いきたい ところだが! ちょっと待ってくれ!
スラッピ
ピー!
ポップ
モガマルまで 今度は なんだよ!?
モガマル
続きの冒険は いずれ配信されるぞ! もうちょっとだけ 待っててくれ!
ゴメちゃん
ピ~!

竜を統べる屈強な将~報復を誓う暴虐の王

関連ページ

ダイの大冒険ストーリー【前編】-竜を統べる屈強な将~報復を誓う暴虐の王
ダイの大冒険コラボイベント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)